ブラックIT企業からの脱出!退職代行サービスを利用した私の退職体験談

体験談集
Side view on meeting room with light modern furniture and city view from glass wall behind blurred glass partition from office area with concrete floor. 3D rendering
退職代行ガーディアン

こんにちは、私の名前は山田誠です。あなたがこの記事を読んでいるということは、あなたも私と同じように、過酷な労働環境から脱出したいと考えているのかもしれません。

私は28歳で、東京都渋谷区にあるIT企業でプロジェクトマネージャーとして働いていました。

しかし、その会社は一般的に「ブラック企業」と呼ばれるような環境で、私は最近、退職代行サービスを利用してそこを退職しました。

今日はその「退職代行体験談」を皆さんに共有したいと思います。

私が働いていた会社は、一見すると輝かしい企業でした。

一流大学を卒業した若者が多く、最先端の技術を駆使して新しいサービスを生み出していました。しかし、その裏側は過酷な労働環境でした。

私たちは毎日深夜まで働き、週末も出勤が当たり前。休日出勤の代休も取れず、有給も消化できない状況でした。

私はこの状況を改善するために、上司や人事に相談しましたが、結果は全く改善されませんでした。それどころか、私が「問題を起こす人間」として見られるようになりました。

この時点で私は、この会社で働き続けることは自分の健康と人生にとって良くないと確信しました。そして、私は「ブラック企業退職」を決意しました。

しかし、直接上司に退職の意志を伝えることは、私にとって大きなストレスでした。

そこで私は、自分の代わりに退職の手続きを行ってくれる「退職代行サービス」を利用することを決めました。

このブログでは、私が退職代行サービスを利用してブラック企業を退職した体験を詳しく共有します。私の体験が、同じような状況にある人々の参考になれば幸いです。

自己紹介と、私が働いていたブラック企業の状況説明

私はとあるIT企業でプロジェクトマネージャーとして働いていました。

しかし、その会社は一般的に「ブラック企業」と呼ばれるような環境で、私は最近、退職代行サービスを利用してそこを退職しました

。今日はその体験談を「ブラック企業退職」というキーワードと共に皆さんに共有したいと思います。

私が働いていた会社は、一見すると輝かしい企業でした。

一流大学を卒業した若者が多く、最先端の技術を駆使して新しいサービスを生み出していました。

しかし、その裏側は過酷な労働環境でした。私たちは毎日深夜まで働き、週末も出勤が当たり前。休日出勤の代休も取れず、有給も消化できない状況でした。

以下に私の一日のスケジュールを示します:

時間内容
7:00起床、準備
8:30出社
9:00 – 12:00ミーティング、作業
12:00 – 13:00昼食(デスクで食べることが多い)
13:00 – 19:00作業、ミーティング
19:00 – 20:00夕食(会社の近くのレストランで)
20:00 – 24:00残業
24:00帰宅
1:00就寝

このスケジュールは平日だけでなく、週末も同じでした。

休日出勤の代休はほとんど取れず、有給休暇も年間10~日のうち2日しか取れませんでした。(使わな過ぎて何日残っているのかわからない人も多かったです、、、)

私の健康は徐々に悪化し、ストレスも増えていきました。

私はこの状況を改善するために、上司や人事に相談しましたが、結果は全く改善されませんでした。それどころか、私が「問題を起こす人間」として見られるようになりました。

この時点で私は、この会社で働き続けることは自分の健康と人生にとって良くないと確信しました。そして、私は「ブラック企業退職」を決意しました。

しかし、直接上司に退職の意志を伝えることは、私にとって大きなストレスでした。

私は自分の意見をあまり言わない性格で、人間関係のトラブルを避けるために、自分の意見を抑えることが多かったのです。また、上司や人事からのプレッシャーや退職を阻止されることを恐れていました。

そこで私は、自分の代わりに退職の手続きを行ってくれる「退職代行サービス」を利用することを決めました。

このサービスは、私のように直接退職の意志を伝えることが難しい人々にとって、非常に有用なものです。

私が退職を決意したのは2023年の4月で、その後すぐに退職代行サービスを探し始めました。そして、5月初旬にサービスを利用し、同月末には無事に退職することができました。

このブログでは、私が退職代行サービスを利用してブラック企業を退職した体験を詳しく共有します。私の体験が、同じような状況にある人々の参考になれば幸いです。

退職を決意した理由:過労とストレス、ワークライフバランスの欠如

私が退職を決意した理由はいくつかありますが、その中でも特に大きかったのは過労、ストレス、そしてワークライフバランスの欠如でした。

まず、過労についてです。私の一日のスケジュールを見ていただければわかる通り、私の労働時間は非常に長かったです

。平日だけでなく、週末も含めてほぼ毎日、朝から深夜まで働いていました。具体的には、平日は平均して16時間、週末も10時間以上働いていました。

これは1週間で約100時間以上の労働時間となり、過労死の定義とされる週80時間を大幅に超えていました。

次に、ストレスについてです。長時間労働だけでなく、仕事の内容や人間関係も大きなストレス源でした。

私はプロジェクトマネージャーとして、多くのプロジェクトを同時に進行させる必要がありました。

しかし、リソースは常に不足しており、期限内にプロジェクトを完了させるためには、自分自身が深夜まで働くしかありませんでした。

また、人間関係のトラブルも頻発しており、それがストレスを増大させていました。

最後に、ワークライフバランスの欠如についてです。

私の生活は仕事が全てで、プライベートの時間はほとんどありませんでした。趣味に時間を割くことも、友人や家族との時間も、自分自身の健康やリラクゼーションのための時間もありませんでした。

これは私の生活の質を大きく低下させ、幸福感を感じることがほとんどなくなりました。

これらの理由から、私は2023年4月に退職を決意しました。

私は自分の健康と人生を守るために、この過酷な労働環境から脱出する必要があると感じました。そして、そのためには退職代行サービスを利用するのが最善の選択だと考えました。

退職代行サービスを選んだ理由と、その選択プロセス

退職を決意した後、私は次にどのようにして退職するかを考えました。直接上司に退職の意志を伝えることは、私にとって大きなストレスでした。

そこで私は、自分の代わりに退職の手続きを行ってくれる「退職代行サービス」を利用することを決めました。

退職代行サービスを選んだ理由はいくつかあります。

まず一つ目は、私自身が退職の意志を伝えることのストレスを避けることができる点です。

私は自分の意見をあまり言わない性格で、人間関係のトラブルを避けるために、自分の意見を抑えることが多かったのです。

また、上司や人事からのプレッシャーや退職を阻止されることを恐れていました。私の同僚で退職を試みる人も多かったのですが、何時間も別室に連れて引き留めに合うみたいなことも日常茶飯事でした。

退職代行サービスを利用すれば、これらのストレスを避けることができます。

二つ目の理由は、退職手続きの専門知識が必要ない点です。

退職手続きは複雑で、労働法や社会保険の知識が必要です。しかし、私はこれらの知識を持っていませんでした。退職代行サービスを利用すれば、専門家が適切な手続きを行ってくれます。

これらの理由から、私は退職代行サービスを利用することを決めました。

そして、2023年4月に退職代行サービスを探し始めました。インターネットで様々なサービスを比較し、評判や費用、サービス内容を考慮して選びました。

そして、5月初旬にサービスを利用し、同月末には無事に退職することができました。

以上が私が退職代行サービスを選んだ理由とその選択プロセスです。

次のセクションでは、私が退職代行サービスを利用した具体的な流れと経験について詳しく説明します。私の体験が、同じような状況にある人々の参考になれば幸いです。

退職代行の流れ:退職代行サービスを利用した具体的な流れと経験

退職代行サービスを利用すると決めた後、私は具体的な「退職代行の流れ」について調査しました。そして、以下のようなステップで退職代行サービスを利用しました。

  1. サービス選択:まず、私はインターネットで様々な退職代行サービスを比較しました。評判や費用、サービス内容を考慮して、最終的に一つのサービスを選びました。これは2023年4月のことでした。
  2. 初回相談:次に、選んだサービスに連絡を取り、初回相談を行いました。この相談では、私の働いていた会社の状況や退職の理由、希望する退職日などを詳しく説明しました。また、サービスの担当者からは、退職代行の流れや費用、注意点などについて説明を受けました。
  3. 契約:初回相談後、私はそのサービスと正式に契約を結びました。契約書には、サービスの内容や費用、私の退職に関する情報などが詳細に記載されていました。
  4. 退職通知:契約を結んだ後、サービスの担当者が私の代わりに会社に退職の意志を通知しました。この通知は書面で行われ、私の希望する退職日が明記されていました。
  5. 退職手続き:退職通知後、サービスの担当者が会社との間で退職手続きを進めました。これには、最終勤務日の確定や退職金の計算、社会保険の手続きなどが含まれていました。
  6. 退職:そして、2023年5月末、私は無事に会社を退職しました。退職代行サービスのおかげで、私はスムーズに退職することができました。

以上が私が退職代行サービスを利用した具体的な流れと経験です。

退職代行を利用した結果、感じたメリットとデメリット

退職代行サービスを利用した結果、私はそのメリットとデメリットを実感しました。ここでは、「退職代行のメリット・デメリット」について私の体験を基に詳しく説明します。

まず、メリットについてです。

  1. ストレス軽減:退職代行サービスを利用することで、私は直接上司に退職の意志を伝えるストレスから解放されました。これは私にとって最大のメリットでした。
  2. 専門的なサポート:退職手続きは複雑で、労働法や社会保険の知識が必要です。しかし、私はこれらの知識を持っていませんでした。退職代行サービスを利用すれば、専門家が適切な手続きを行ってくれます。
  3. 時間の節約:退職手続きは時間がかかりますが、退職代行サービスを利用すれば、その時間を節約することができます。私はその時間を、新しい仕事を探すために使うことができました。

次に、デメリットについてです。

  1. 費用:退職代行サービスを利用するには、一定の費用が必要です。私が利用したサービスの費用は約10万円でした。これは一定の経済的負担となります。
  2. 直接コミュニケーションの欠如:退職代行サービスを利用すると、自分自身が直接会社とコミュニケーションを取る機会がなくなります。これにより、自分の意志を直接伝える機会を失う可能性があります。

以上が私が退職代行サービスを利用した結果、感じたメリットとデメリットです。

次のセクションでは、退職後の現状と、退職代行サービスを利用した感想について詳しく説明します。私の体験が、同じような状況にある人々の参考になれば幸いです。

退職後の現状と、退職代行サービスを利用した感想。また、同じような状況にある人々へのアドバイス

退職後の現状から話を始めたいと思います。私は現在、新たな職場で働いています。

ここは私が以前働いていたブラック企業とは異なり、ワークライフバランスを重視した環境が整っています。私は毎日定時で帰ることができ、週末は完全に休むことができます。

また、趣味の時間も持つことができ、健康状態も大幅に改善しました。

退職代行サービスを利用した感想については、全体的に非常に満足しています。

特に、退職の意志を直接伝えるストレスから解放されたこと、専門的なサポートを受けられたことは大きなメリットでした。費用は一定の負担でしたが、それに見合う価値があったと感じています。

私が同じような状況にある人々にアドバイスをするなら、以下のようになります:

  1. 自分の健康と幸せを優先する:仕事は大切ですが、それ以上に自分の健康と幸せが大切です。過酷な労働環境で働き続けることは、長期的に見て自分自身にとって良くないです。
  2. 退職代行サービスを利用する:退職の意志を直接伝えることが難しい場合、退職代行サービスを利用することを検討してみてください。それにより、退職のプロセスがスムーズに進む可能性があります。
  3. 新しい職場を探す:ブラック企業を退職した後、新しい職場を探すことが大切です。ワークライフバランスを重視した職場を選ぶことで、より良い働き方ができます。

以上が私の退職後の現状と、退職代行サービスを利用した感想、そして同じような状況にある人々へのアドバイスです。私の体験が、皆さんの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました